ビタミンの基礎知識

全部で13種類あるビタミンは、わずかな量でカラダの調子を整えてくれる生命活動に不可欠な栄養素です。ビタミンのほとんどはカラダのなかで作りだすことができず、作れたとしても充分な量ではないため、基本的には食事から摂取する必要があります。

五大栄養素であるビタミン
五大栄養素は、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルの5つに分類されます。このうち三大栄養素と呼ばれるたんぱく質、脂質、炭水化物は、エネルギーとなるほか、私たちのカラダをつくる主要な構成物質です。ビタミン、ミネラルはエネルギーにはならず、カラダの調子を整えるという特徴があります。
水溶性と脂溶性
ビタミンは「水溶性ビタミン」と「脂溶性ビタミン」のどちらかに分類されます。「水溶性ビタミン」は「水に溶けやすいビタミン」なので、水洗いによる損失が大きいという特徴があります。もう一方の「脂溶性ビタミン」は「油に溶けやすいビタミン」なので、油とともに調理して摂取すれば吸収率が高まります。

水溶性

水に溶けやすい

  • ビタミンB1
  • 葉酸
  • ビタミンB2
  • ビタミンB12
  • ビタミンB6
  • ピオチン
  • ナイアシン
  • ビタミンC
  • パントテン酸

脂溶性

油に溶けやすい

  • ビタミンA
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ビタミンK

熱に弱い

光に弱い

13種類のビタミン

ビタミンC

レモン
イチゴ

ビタミンB1

豚肉
玄米

ビタミンB2

レバー

ビタミンB6

マグロ
にんにく

ビタミンB12

シジミ
アサリ

ビタミンA

にんじん
うなぎ

ビタミンD

ちりめんじゃこ

ビタミンE

アーモンド
かぼちゃ

ビタミンK

春菊
モロヘイヤ

葉酸

枝豆
菜の花

ナイアシン

カツオ
タラコ

パントテン酸

レバー
納豆

ビオチン

落花生
大豆